女性活躍中!!工場WORKに注目

初めての、工場WORK > 職場紹介 > リボン食品とは

リボン食品とは


リボン食品の概要

リボン食品は昔から営業していた老舗企業で、明治40年に大阪で誕生しました。最近では普通に使われているマーガリンですが、実はリボン食品が日本で最初にマーガリンの製造を行ったのです。現在でも本社は大阪市内にあるのですが、東京には支店が存在していますし、札幌には営業所が設けられているのです。しかし、創業当時はリボン食品という名前ではなく、この名前になったのは昭和37年のことなのです。マーガリン以外にも、日本初の商品をいくつか世に送り出しています。

リボン食品の主な業務内容は、マーガリンの製造販売になっています。しかもオーダーメイドするのが一般的になっているので、毎回同じ物を作っているというわけではありません。他にも小麦粉とバターを利用したパイ生地のオーダーメイドも可能になっています。クッキータルトなどの商品も販売されているのですが、直接購入したいという人は、オンラインショップでの購入となります。リボン食品の公式サイトからも購入することが可能です。

リボン食品の仕事

リボン食品には企画部門と開発部門があります。企画部門は市場調査や立案、販売や販売の促進などがメインです。開発部門は商品化を目指すための開発や研究などが行われています。そしてメインの製造ラインが存在しているのです。他にも営業職が存在しているのですが、それほどたくさんの商品を作っているわけではないので、営業に力を入れていると言えるでしょう。

リボン食品で求めている人材は、部署によって多少変わってきます。これはどこの会社でも同じでしょうが、製造ラインは体力が必要になりますし、スピーディーで正確な作業ができないといけません。開発や企画はアイデアをしっかりと出す必要があるので、自分で考えて向上していくことができる人材が求められます。営業は社会常識や礼儀作法を心得ている人でなければ勤まりません。どのようにすればよい商品ができるのか、どのようにすればもっと自分を高めていくことができるのかをしっかりと考え、実行に移すことができる人材がと求められています。

工場の求人を探す

WILLOF

WILLOF 工場求人

求人件数
1,394件(2019年10月)
掲載エリア
全国
その他
キャリアパス応援制度あり

工場求人ナビ

工場求人ナビ

求人件数
93件(2018年8月)

ジョブコンプラス

ジョブコンプラス

求人件数
551件(2018年8月)
工場求人サイトお勧め3選はこちら