女性活躍中!!工場WORKに注目

工場専門求人サイトの口コミ・評判・体験談とおすすめがわかる丨初めての工場WORK > 初めての工場ワーク > 職種 > 工場のマシンオペレーターとは?仕事内容や向き・不向きも紹介します

工場のマシンオペレーターとは?仕事内容や向き・不向きも紹介します


国内外にはさまざまな工場が存在しています。もちろん、そこで取り扱う機械についても千差万別。その機械の数だけ、マシンオペレーターが存在します。
専門的な知識やスキルが必要と思いきや、意外と身近な職種ということをご存知でしょうか?

この記事では、ちょっぴり敷居が高そうなマシンオペレーターの仕事内容ややりがい、向き不向きについても紹介します。頑張り次第では着実にスキルアップできる、穴場的な仕事でもあります。

工場のマシンオペレーターとは?


マシンオペレーターとは、その名のとおり工場でマシン(機械)の操作を行うことが主な仕事内容です。製造オペレーターとも呼ばれます。

マシンオペレーターは単に機械を操作するだけではなく、製品の製造に広く関わります。具体的には、製品になる素材の準備や加工、機械によって生じる「ずれ」の調整、完成品の品質管理までを行います。

厳格に言えば、マシンオペレーターと製造オペレーターの仕事内容は微妙に異なり、マシンオペレーターが複数の機械を同時に操作・監視するマシニングセンタ(工作機械)を用いて作業することに対して、工場で製造を行う機械の操作や監視、制御を行う業務を行う担当者を製造オペレーターと言います。広義では一緒の意味となりますが、ここではマシンオペレーターにスポットを当てて紹介します。

マシンオペレーターの仕事の種類

扱う機械や部品によって仕事内容はさまざまですが、マシンオペレーターは基本的に下記の作業を行います。基本的には毎日同じ作業の繰り返しとなります。

    図面を元に、工具の使い方や加工の段取りを考えます。考えたらそれをデータ化します。

  1. データがまとまったら、マシニングセンタにプログラムを入力します。
  2. 入力された情報を元に、機械に部品をセット。切断・加工します。
  3. 専用の器具を用いて、部品が正確に処理されているかどうか確認します。
  4. 最終検査を行い、問題がないようなら梱包します。
  5. 最後に、機械のメンテナンスを行います。

オペレーションする機械についても、プレス加工用の機械であったり、ラッピング加工用の機械であったり、建材の切断用の機械であったり、NC旋盤用の機械であったりと実にさまざまです。

必要なスキル・資格は?

機械のオペレーションをするとなると、何か特別な技術や資格が必要なのでは、と思われがちですが、実際にはとくに技術は不必要で、未経験から機械オペレーターになった方も多数います。ただし、身につけておいた方が有利に働く資格があることは事実です。下記に説明します。

フォークリフト運転技能講習修了証

職場によっては、フォークリフトを運転できることが採用にプラスになったりします。運転できるようなら即戦力としても働くことができるし、仕事の幅も広がりお給料もアップする可能性があります。

機械加工技能士

国家資格である技能検定制度です。合格することで、各種工作機械などを用いて金属材料などを加工することができる、と認められます。

建設機械施工技師

こちらも機会加工技能士と同様、国家資格のひとつです。合格して資格を取得すると、建設機械を使用する現場において監督や主任技術者として活躍することができます。

マシンオペレーターの大変さ・やりがいは?

マシンオペレーターの仕事は、基本的にひとりで行います。ほかのスタッフとの連携はほぼ皆無なので、時には孤独を感じることもあるかもしれません。また、夜勤が発生することも多く、その際にはますます孤独感を助長させてしまうのが大変な点として挙げられます。
扱う機械や部品によっては単純な作業の繰り返しとなるので、飽きてしまうのも困りどころです。

一方でやりがいは、資格を取得するなど段階的にステップを踏むことで、着実にキャリアアップにつながることです。もちろん仕事の幅も広がるし、この道で一生食べていきたい、という方にとっては転職も有利に運び、ぴったりの仕事だと言えます。
また、企業によっては支援制度なども用意しているため、未経験からスタートしても一人前のマシンオペレーターに成長できる点も大きなやりがいでしょう。

マシンオペレーターに向いている人・向いていない人

マシンオペレーターの仕事に向いているのは、ずばり、機械に強い方です。少なくとも、機械に対して苦手意識のない方であればこの仕事への適性があると思われます。
また、機械が相手の仕事となり、人間とのコミュニケーションは極力少なめなので、コミュニケーションを取るのが苦手、できれば淡々と1人で作業したい、という方にも向いています。

一方で向いていないのは、「まあ、この程度でいいか」とアバウトに仕事を行う節がある方です。マシンオペレーターの仕事は正確性が何よりも重要なため、仕事に妥協をしてしまう方はNGです。
また、単純作業が苦手な方についても、マシンオペレーターの仕事は不向きです。

未経験からでも遅くない! 経験を積んでキャリアアップも可能なマシンオペレーター

たとえ経験がなくてもチャレンジできるのがマシンオペレーターの仕事です。経験を積むことでキャリアアップだって実現可能だし、分からないことがあっても担当者が専門的な教育を行ってくれるので何ら心配はありません。
マシンオペレーターのプロになったら、転職だって有利に運びますよ。まずはチャレンジあるのみ!

おすすめの工場求人サイト3選

フリーワード検索

カテゴリ一覧

新着記事

人気記事

工場求人サイトおすすめ3選はこちら