女性活躍中!!工場WORKに注目

初めての、工場WORK > 職種 > 料理が苦手でもOK!揚げる炒めるなど食品加工と調理の仕事

料理が苦手でもOK!揚げる炒めるなど食品加工と調理の仕事


食品を美味しく新鮮な状態で安全に運ぶための調理と加工をするお仕事です。お弁当・お惣菜・デザート・お菓子・パン・ケーキなどの盛り付けや梱包の作業もありますし、下ごしらえも大切な仕事内容です。
工場によって取り扱われている食品が違うため、どのような食品の調理と加工の仕事をしたいのかによって求人を選ぶことができます。食品によって仕事内容や工程には違いがありますが、主な作業は下ごしらえ・調理・加工・検品・梱包・出荷などです。

女性に人気の職場です

食品の調理と加工を行う工場では女性が多く働いています。20代から60代まで年齢は幅広く、もちろん男性も働いています。
調理器具の取り扱いに慣れていること、調理や加工など料理に慣れていること、包丁などの刃物にあまり抵抗がないことなど、男性と比べて料理を得意とすることから女性に人気の職場です。
未経験でも大歓迎ですが、調理の仕事の経験があると仕事を覚えるのも早いですし、即戦力となることから優遇されます。

仕事を長く続けるコツ

食品と調理と加工を行う工場での仕事を長く続けるコツがあります。食品に興味があるということも大切なポイントなのですが、食品の美味しさや安全や質に対する関心があると仕事を長く続けやすくなります。モチベーションを高く持ち続けることができ、責任感も強くなっていくからです。

料理が苦手でも大丈夫!

食品の調理加工をする仕事だから、簡単な料理くらいはできないといけないだろう。そう思われる人も多いようです。しかし、ひとつの作業を担当し、黙々と作業を行う流れ作業なので、料理が苦手でも全くできなくても問題ありません。
例えば、「揚げる」という作業を担当するとしましょう。ひたすら食品を揚げる作業を繰り返し行います。最初は戸惑うこともありますが、数日も経てば慣れてしまいます。
誰もが一度は経験したことがあるであろう、ごはんを「炊く」という作業もあります。揚げるよりも簡単な「炒める」や「煮る」といった作業もあり、好きな作業を担当することができます。