女性活躍中!!工場WORKに注目

初めての、工場WORK > 工場の種類 > 焼きたての香りがたまらないパン工場での仕事

焼きたての香りがたまらないパン工場での仕事


スーパーやコンビニに並んでいるパンはパン工場で作られていますが、ほとんどが機械によって大量生産されています。街で見かけるパン屋さんとは作り方に大きな違いがあるんです。パン工場ではどのような人々が働き、どのような作業をし、どのようにパンが作られているのでしょうか。

どのような人々がどのような作業をしているのか

パン工場で働く人々は、若い人から60歳以上のシニア世代の人まで幅広い年代の人が働いています。未経験でもOKであること、資格や技術や経験を問われないことが主な理由です。もちろん、パンの製造に関わる経験を持っている人は優遇されます。
基本的にパン工場での作業はとても単純で誰もがすぐに始められるものばかりです。ひとつの作業を担当し、淡々とこなしていくだけの流れ作業です。ひとつの作業に集中して同じ作業を繰り返し行うことが得意な人には特別向いている作業です。

主な仕事内容

・パンに具材をのせる作業
・ソースやマヨネーズやケチャップをかける作業
・出来上がったばかりのパンを包装する作業
・包装されたパンを専用のラックと呼ばれる容器に詰めていく作業
このような作業があり、それぞれに担当者がいます。もし、パンに具材をのせる作業を担当することになった場合、ひたすらパンに具材をのせる作業を繰り返し行います。
ひとつの作業を繰り返すだけなので、難しい作業は苦手だという人にも取り組みやすいのが特徴です。
ベルトコンベアーをパンが流れて来るので、そのスピードに慣れるまでは苦戦する人も多いですが、すぐに慣れてしまうので不安に感じる必要はありません。

パン工場で働く楽しさ

パンに焼きムラができてしまったり、具材がはみ出てしまったり、見た目が悪くなってしまったパンは商品にすることができません。破棄しなければならないパンも大量に出ます。
休憩時間に食べることOKで、廃棄になるパンを無料で食べることができる工場もあります。食中毒の問題や衛生面の問題で廃棄のパンを持ち帰ることができる工場は少ないですが、その場で美味しいパンを無料で食べることができるのって、パン工場で働くからこそ味わえる楽しみのひとつですよね。