女性活躍中!!工場WORKに注目

初めての、工場WORK > 工場の種類 > 未経験者大歓迎!コンビニの商品を製造する工場で働く

未経験者大歓迎!コンビニの商品を製造する工場で働く


普段、何となく手に取っているコンビニの商品。最近ではコンビニの商品が「美味しい!」と話題になることも多いですよね。とくにコンビニのお弁当は好んで食べる人も多いほど注目されており、若者から高齢者まで幅広く食されています。
コンビニのお弁当を製造している工場の仕事に注目してみましょう。どのような人々が働き、どのような仕事内容があり、どのように製造されているのでしょうか。

どんな人が働いているのか

10代後半から60代以上の人まで幅広い年代の人々が働いています。女性の割合が多いのですが、力仕事がなく軽作業であることが理由です。
単純な作業であることがほとんどなので、何時間もずっと野菜を切り続けたり、商品をひたすらパックに詰めたり、立ち仕事が多くカラダを動かす作業はあまりありません。
単調な作業を得意とする人には良いのですが、足腰への負担が重く、仕事に慣れるまでは体力と忍耐力が必要となります。

どのような仕事内容なのか

お弁当の場合、原材料の管理・調理・盛り付け・検品・出荷などの作業があります。

原材料の管理の仕事

工場には毎日のように大量の野菜や肉や魚が送られてきます。数量のチェックや品質のチェックを済ませ、適切に保管する必要があります。

調理の仕事

仕込み(野菜を切るなど)・加熱調理・冷却・味付けなどの工程があります。全ての工程を行うのではなく、それぞれに担当者がいます。
加熱調理では、ごはんを炊いたり、魚を煮たり、お肉を焼いたりなどの作業があります。

盛り付けの仕事

コンビニに並んでいるお弁当は全て手作業によって盛り付けが行われています。食品によって担当者がおり、ベルトコンベアーによって流れてくる調理された食品を容器に盛り付けていきます。

検品と出荷の仕事

盛り付けが終わったお弁当に原材料などが表示されたシールを貼ります。検品は目視によって行われ、その後、出荷されます。

コンビニの商品を製造する工場で働くメリット

未経験者OKの求人が多く、技術や経験を必要としません。
アルバイトが初めてだという若い人にも、定年退職後のアルバイトとして働きたいという60歳以上の人にも、働きたいという人にとって大きなメリットだと思います。
正社員としての就職も可能な求人もあるので、コンビニの商品を製造する仕事に携わりたいという人にも未経験OKというのは、とても大きなメリットになるでしょう。