女性活躍中!!工場WORKに注目

初めての、工場WORK > 工場の種類 > 家電工場での仕事内容|製造・修理・検査・梱包

家電工場での仕事内容|製造・修理・検査・梱包


私たちの生活に欠かすことのできない家電製品を製造している工場では、製造以外にも梱包や修理などの作業も行われています。家電工場で働く人々に仕事内容についてご紹介します。

家電製品の製造

最も主な仕事内容は家電製品の製造です。家電製品を作ると言っても、作業内容はとても細かく分けられており、たくさんの工程があります。その中のひとつの工程を担当して作業を行います。
家電製品によって工程には違いがありますが、精密な作業が多いため、顕微鏡を用いた作業も多くあります。また、ドライバーやレンチという工具を使って部品を組み立てたり、機械を操作して行うオペレーションという作業などもあります。

製造された家電製品の検査

製造された家電製品に不良がないかを検査する作業です。家電工場では決して欠かすことのできない重要な作業であり、家電製品を使用したことによる事故などを防ぐなどの役割があります。
どのように検査を行っていくのかがリストに書かれているので、そのリストに従って作業します。検査によって基準を満たしていないと判断された商品は出荷対象から外されます。
検査のもうひとつの役割は、不良が生じやすい頻度や部位を報告することです。その報告された内容によって製品を改善し、開発するためにです。

家電製品の修理

電気回路の断線によって家電製品が使用できなくなってしまっている場合、はんだ付けという作業によって連結する作業を行います。ほとんどの家電製品に修理のためのマニュアルがあるので、それに従って行います。
修理に必要な部品が足りない場合、その部品を発注するというのも大事な仕事です。

家電製品を梱包する作業

家電製品を出荷するための梱包作業も家電工場で行われています。梱包中に家電製品に傷がついてしまわないよう、慎重に行います。
梱包に使用するための段ボールが用意されており、中に発泡スチロールなどの緩衝材も入れます。運搬中の破損などを防ぐためです。

このように、家電工場では家電製品の製造・検査・修理・梱包・出荷までを行っており、どの作業を担当するかによって仕事内容は大きく変わります。