女性活躍中!!工場WORKに注目

初めての、工場WORK > 工場の種類 > お弁当を製造する工場での仕事|料理が苦手でも大丈夫?

お弁当を製造する工場での仕事|料理が苦手でも大丈夫?


お弁当を製造する工場での仕事内容「作る編」

原材料のチェック

まずは、お弁当に使用する原材料のチェックから始まります。工場に原材料が運ばれてきたら、鮮度や賞味期限、異物が混入していないかなどをチェックします。
鮮度が落ちてしまうと良くありませんので、素早くチェックを終え、保管します。

下ごしらえ

生鮮食品を加熱調理するための下ごしらえをします。原材料に細菌が付着してしまわないように十分に注意しながら、決められた場所で専用の器具を使って下ごしらえします。

加熱調理する

家庭では見かけることがないくらいとても大きな釜や鍋を使って一度に大量に調理します。下ごしらえされて原材料を煮たり揚げたり炒めたりなどの加熱調理をします。
手や腕が疲れてしまいそうですが、自動で回転するので自身の力でかき混ぜたりすることはほとんどありません。

ごはんを炊く

ごはんを炊く作業は、お米の種類や気温や湿度によって調整しながら行います。気温や湿度の変化によってお水の量などを毎回調整しています。

お弁当を製造する工場での仕事内容「盛り付け編」

冷やす作業

加熱調理したおかずやごはんは早急に冷却器の中に入れられ、冷まします。一気に冷ますことで細菌が繁殖してしまうことを防ぐためです。

盛り付ける

冷ましたおかずやごはんを容器の中に盛り付けて行きます。作業は全て手作業で行います。

検品と包装

容器にフタをし、原材料や賞味期限が表示されたシールを貼ります。検品を行った後、出荷へと回されます。

出荷作業

製造されたお弁当はトラックへと積まれ、各販売店へと運ばれて行きます。

徹底した衛生管理

・香水やタバコなどの食品へのニオイ移りするものは禁止
・アクセサリーやマニキュアは異物混入の恐れがあるため禁止
・髪の毛が露出してしまわないように耳までしっかり覆うことができる帽子を着用する
・マスクを着用する
・作業着を着た後、糸くずなどを取り除くためのエアーシャワーを通る
・手は石鹸で念入りに洗い、消毒液をつけ、手袋をする
お弁当を製造する工場で働く際に必要な衛生対策には、このようなものがあり、商品の品質を保つための徹底した衛生管理が行われています。