期間工と工場職のおすすめ求人サイト・転職エージェント比較・ランキング│つくリク > 物流・製造のお仕事 > 【製造業・物流・工場職に特化】採用されやすい志望動機の書き方、文例や履歴書作成のポイントを紹介します

【製造業・物流・工場職に特化】採用されやすい志望動機の書き方、文例や履歴書作成のポイントを紹介します


製造業や物流といった工場職は、一般職とは違った志望動機の書き方のポイントがあります。この記事では製造業や工場に就職したい人に特化した志望動機の書き方について、例文なども交えて解説していきます。この記事を読み、自分らしい志望動機を書く参考にしてみてくださいね。


製造・工場転職の志望動機はこう書くのが正解!

製造・工場転職の志望動機にも、一般職と同じように書き方のポイントがあります。詳しく確認していきましょう!

製造・工場転職の志望動機で重要なポイントは3つ

製造・工場転職の志望動機を書く時には、以下の3つのポイントを意識して構成していくようにすれば、魅力的な文章が完成します!

1.志望工場独自の技術に興味があることを示す

一口に工場といっても、規模や種類はさまざまです。作っている製品もそれぞれの工場で違います。ですから、製造や工場に転職したいのならば、志望する工場独自の技術や特質をしらべておき、そこに惹かれたことをアピールするのが大切です。

OKな文例

御社の××という製造技術に興味があり志望しました。

NGな文例

製造に興味があり志望しました。←うちの工場でなくてもいいのでは? と思われてしまう!

2.几帳面さなど工場勤務が向いている理由を示す!

工場勤務には、ある程度の素質が必要になってきます。几帳面で黙々と作業できる人であることが求められるのです。そのため、コツコツと作業できることをアピールすれば、魅力的な志望動機になるのです。

OKな文例

プラモデル制作など細かい作業が好きで、そのような技術が製造業や工場勤務では活かせると考え、応募させていただきました。

NGな文例

コミュニケーションが苦手で工場勤務ならば他人と接する機会が少なく楽だと考えて応募しました。←内容がネガティブで悪印象を与える

3.技能や資格をアピールする

工場勤務にかかわる技能や資格があるならば、それをアピールすることも大切。もしも、前職で製造に関する仕事などをしていれば、しっかりと記載するようにしましょう。

また、資格などを持っていなくても、日頃の趣味などで製造に関することをしているならば、アピールすると良いでしょう。

自分はこんな技能があるので採用してくれたらすぐに活躍できますよ! とアピールしていくのが大切です。

OKな文例

××資格を有していて、御社の××部門で活かせると考えました。

前職において、××の仕事を担当しておりました。御社での業務でも、前職で得た知識や経験を活かせると思い、応募させていただきました。

趣味でラジオの基板作りなどをしており、御社での業務に活かせると考えました。

NGな文例

御社の仕事が楽しそうだと感じたので、応募させていただきました。←採用することで企業側にどのようなメリットがあるかが不明だから

書類審査や面接ではあなたのこんなところがみられています

書類審査や面接では、見られるポイントがあります。しっかりと意識して対策しておきましょう!

製造・工場職の適正はあるか?

製造・工場職には、常に自分をアップデートできることや正確性といった適性が求められます。製造業界や工場は、常に新製品が生まれているので、勉強熱心でなくては、業界のトレンドから取り残されます! さらに、単調な作業でも淡々とこなせる正確性が求められるのです。

面接などで、新製品の知識や几帳面さを証明するエピソードをアピールできれば、適正ありと判断されるでしょう。

やる気度はどんな程度か?

製造・工場職で働くために、行動していることをアピールしましょう!

資格などを持っていなくても、「ものづくりの現場で働くために、現在は溶接技能者資格合格を目指して勉強しています!」と伝えると、やる気をアピールできます。

履歴書や職務経歴書はきちんとかけているかなど基本のところ

製造・工場職は技能や技術が大切です。

とはいえ、あまりにも社会常識がない人はNGになってきます。たとえば、履歴書などに空欄部分があったり、字があまりにも汚い場合や、面接時や履歴書の写真の服装や姿がだらしなかったりすると、この人とは一緒に働きたくないと考えられて落とされてしまいます!

採用に近づきたいなら履歴書は手を抜かないことが肝心

採用されるには、まずは面接をしてもらうことが大切! 書類選考で落とされないように履歴書も手を抜かないようにしましょう。特に以下の4点に注意しておいてください。

  • 言いたいことは簡潔にまとめる
  • 誤字や脱字に注意し、嘘を書かない
  • 履歴書は使いまわさない
  • ボールペンを使って読みやすい字で書く

送付する前に、もう一度読み返してミスがないかを確認しましょう!

履歴書や志望動機の書き方に不安があるならプロへ相談するのも◎

履歴書や志望動機の書き方に不安があるならば、転職サイトなどのエージェントに相談するのもおすすめです! 自分では見落としていた誤字客観的な助言をもらえるというメリットがあるからです。

また、エージェントに相談するならば、工場特化の転職サイトのエージェントを選ぶようにしてください! 工場や製造は特殊な技能が必要になる職種なので、工場や製造の知識があるエージェントでなくては、助言が的外れになる危険性もあるからです。


おわりに 志望動機の書き方をマスターして良い条件で就職しよう!

条件や待遇の良い求人は倍率もかなり高くなります。より良い待遇で就職したいならば、まずは書類選考通過が大切になってくるのです。

志望工場独自の技術に興味があることを示すなどして、志望動機で差をつけるようにしましょう! また、不安があるならばエージェントに相談するのもおすすめですよ。

関連記事

ページトップ
© 期間工と工場職のおすすめ求人サイト・転職エージェント比較・ランキング│つくリク All Rights Reserved.