期間工と工場職のおすすめ求人サイト・転職エージェント比較・ランキング│つくリク > 工場コラム > 車好きにぴったり?自動車整備士の仕事内容や向き・不向き、必要な資格について解説します

車好きにぴったり?自動車整備士の仕事内容や向き・不向き、必要な資格について解説します


車好きの方の中には、あこがれる気持ちを持っている人も多い「自動車整備士」の仕事。この記事では、自動車の安全を守ってくれる自動車整備士の仕事内容やなるための資格をみていきましょう!

自動車整備士とは?

自動車整備士は、持ち込まれた自動車に不具合がないかを確認するのが仕事です。必要に応じて整備や分解をして、調整・修理を行います。自動車の故障や事故の防止を行い、安全性を高めるのが仕事だといえるでしょう。

自動車整備士の主な仕事内容と活躍の場とは?

自動車整備士の主な仕事内容と活躍の場を知っておきましょう!


未経験では働けない! 国家資格必須!

自動車を整備するのが仕事です。車の修理、解体、分解、組み立てなどがメインの仕事です。その他にも、お客様の元に車を届けたり、修理部品の発注をしたりもします。

自動車整備士は国家資格が必要な仕事ですから未経験では働けません! 自動車整備士技能検定試験に合格する必要があります。

資格を取得すると、自動車整備工場だけでなく、カーディーラーやガソリンスタンドなどで活躍できます。

工場で働く場合、認定工場と指定工場がある

自動車整備士になったら、基本的に工場で働くことになります。実は、工場には認定工場指定工場があり、指定工場の方が格が上です!

指定工場になるには、設備基準をみたしておく必要があります!

日本全国に自動車整備工場は9万以上存在していますが、そのうち指定工場として認められているのは3割程度です。指定工場は自動車整備士の憧れの場といわれていますから、就職や転職の際には、指定工場を狙うようにしましょう。

認定工場と指定工場の仕事の違いは車検ができるか

指定工場と認定工場では、設備や規模が違うのですが、最も大きい違いは車検ができるかということです。

指定工場ならば、自社の検査場で車検をすることもできます。しかし、認定工場は一般的な整備はできますが車検はできません。車検が必要になるごとに国の検査場で検査をしてもらわなくてはならないのです!

自動車整備士のやりがいと仕事の難しさとは?

自動車整備士を目指すうえで知っておきたいやりがいや難しさを確認していきましょう!

命を守るという使命感があるのがやりがい

自動車整備士の仕事は、乗車する人たちの命を守ることができます。自身の整備が事故を防いだりしてお礼をいわれることが多いのがやりがいだといえるでしょう。

さらに、仕事を通して、専門知識や技術が身に付いていきます。働きながらスキルアップできるのもやりがいだといえるでしょう。

技術がどんどん変わっていくのが難しいところ

自動車技術は日々進歩していっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車などの、これまではなかった種類の車も身近になってきています。

古い車だけでなく最新の車を整備しなくてはならないこともよくあります。常に、進歩していく技術に置いて行かれないように日々、勉強をしていかなくてはならない大変さがある仕事なのです!

自動車整備士が向いている人・向いていない人

自動車整備士には適性が存在します。向き不向きも確認しておきましょう!

車と人が好きな人が向いている!

なによりも車が好きな人が向いています。車のテクノロジーなどにも興味があって、勉強することが苦にならない人ならばかなりの適正ありです。

加えて、自動車整備士は、お客さんや仕事仲間とのコミュニケーションも大切。初心者の人にも車の不具合などを説明できるコミュニケーション能力のある人が向いています。

勉強嫌いで腕力がない人は向いていない

自動車整備士は国家資格を取った後も、自分で勉強を続けなくてはなりません。新しい自動車が出たら、その技術や仕組みを理解する必要あるのです。ですから、勉強が嫌いな人は避けた方が良いでしょう。

また、自動車整備をするには、重い部品を運ばなくてはならないこともあります。腕力がない人には、やや不向きです。


自動車整備士に必要な知識とスキル、資格について

自動車整備士になるには、車に関する知識や整備スキルが不可欠。これらの知識やスキルは国家資格である自動車整備士の資格を取ることで身に付きます。

自動車整備士の国家資格とは?

自動車整備士は国家資格で、受験には一定の要件が必要になります。自動車整備士の資格は一級、二級、三級、特殊の4種類があり、それぞれ扱える車種が異なります。

資格の種類

資格は二級まで取れれば、自動車整備士として十分に働けます

一級自動車整備士

すべての自動車の全般的かつ高度な整備ができるようになる資格です。現場の安全管理ができる責任者としての能力も身に付きます。

二級自動車整備士

自動車の一般的な整備をすることができます。

三級自動車整備士

指示を受けながら基本的な整備ができる資格です。

特殊自動車整備士

タイヤなどの特定の分野の専門的な知識や技術を持っていることを示す資格です。

独学での受験は不可能! 受験資格について

自動車整備士の資格は、専門学校や養成学校の卒業者実務経験ありの人しか受験できません!

専門学校などを卒業している人の受験資格

自動車整備士を養成する2年制の自動車専門学校を修了した場合は、二級自動車整備士の受験資格が与えられます。この際、実技試験は免除されます。

自動車整備士を養成する4年制の自動車専門学校を修了した場合は、一級自動車整備士の受験資格が与えられます。この際、実技試験は免除されます。

工業高校の自動車学科で学んだ人は、三級自動車整備士の受験資格が与えられます。

実務経験ありの人の受験資格

1年以上の実務経験を積むと三級自動車整備士の受験資格が得られます。

3年以上の実務経験を積むと二級自動車整備士の受験資格が得られます。

資格をとったらいざ求人探し!効率的に探すには?

自動車整備士は年々減少傾向にあり、人手不足の業界です。給料や待遇が好条件の大手の整備工場に人気が集中しています。

ですので、初心者ならば、中小の整備工場が狙い目になってきますが、中小の求人は一般の求人サイトにはなかなか掲載されていません。工場・製造業・物流の求人に特化した転職サイトに集中して掲載されているので、専門サイトを使うようにしましょう!


おわりに 好きを活かせる自動車整備士への転職を検討しよう!

自動車整備士は、常に車の知識をアップグレードしていかなくてはならない大変な仕事です。なるには国家資格の取得も必要不可欠。

しかし、車の整備を通して、社会の安全を支えられるのは、かなりやりがいがあります。さらに、車好きな人にとっては、一日中車のことを考えられるのは楽しいものでしょう。

人が好きで、車も好きな人は、ぜひ転職を考えてみてください!

関連記事

ページトップ
© 期間工と工場職のおすすめ求人サイト・転職エージェント比較・ランキング│つくリク All Rights Reserved.