期間工と工場職のおすすめ求人サイト・転職エージェント比較・ランキング│つくリク > 工場コラム > 工場の生産管理職の仕事内容や向き不向き、必須スキルまで詳しく解説します

工場の生産管理職の仕事内容や向き不向き、必須スキルまで詳しく解説します


生産管理職とは、工場で作る商品の生産量や納期日程を管理する仕事のこと。一生できる仕事なので人気も高いです。この記事では、生産管理職について詳しく確認していきましょう!

工場の生産管理とは?

生産管理とは、工場における生産の指揮をとる仕事のことです!

工場で生産している製品が決められた納期までに出荷できるよう日程を管理したり、不要な在庫を抱えないように適正な生産量を見極めて現場に指示を出したりします。

生産技術と勘違いされがちな職種ですが、生産技術はどうやったらより綺麗な商品が生み出せるか?といった「生産」のための「技術」を支える仕事です。

生産管理の主な仕事内容と活躍の場とは?

生産管理の仕事内容や活躍の場は以下の通りです。

未経験でもできる?

生産管理は、工場の中枢を担う仕事です。ですから、未経験では難しい仕事といえます。

即戦力としての採用が多く、未経験からの就職や転職はハードルが高いです。ただし、原材料の購入や商品開発の経験があれば、そこを評価されて採用される可能性もあります。


仕事内容を詳しく紹介

生産管理の仕事内容は以下の3つが主になります。

生産プランを立案

納期などにあわせて、作業工程といった生産プランを立案していきます。生産ラインの確保や作業員の配置、さらには原材料の入手方法の検討なども仕事内容に含まれます。

工程管理

生産が始まると、工程通りいかないこともあるでしょう。プラン通りに生産できるように、遅れているラインのスピードをあげたり、ペースを抑えるように指示したりします。

在庫管理

材料の残量や在庫の余裕などを管理するのも仕事です。もしも、商品が余っているようならば、プランを変更するなどして、物流管理を行います。

活躍できる場

生産管理職はすべての工場で必要です。基本的にどんな工場でもはたらけます。

生産管理職のやりがいと仕事の難しさとは?

生産管理職のやりがいと仕事の難しさは以下のようなものがあります。

キャリアアップしやすく一生働けるのがやりがい!

生産管理の仕事は、開発から流通まで、工場の全工程に携わることになります、そのため、幅広いスキルを身につけることが可能で、市場価値の高い人材になれます。

さらに、生産管理職は、ゆくゆくは工場長や役員にもなれる職業です。腕力が必要な仕事でもありませんから一生働けるのも魅力といえるでしょう。

小さなミスでも大きな損失になるのが難しいところ

生産管理は、工場の中枢を担う仕事です。そのため、小さなミスがきっかけで、余剰な在庫を抱えることになったりして、大きな損失に繋がりやすいといえます。プレッシャーを抱えながら働かないといけないのが難しい部分です。

生産管理職が向いている人・向いていない人

生産管理職の向き不向きをまとめると以下の通りです。

強いメンタルの持ち主で向学心のある人が向いている

工場の生産は、いくら綿密にプランを練っていてもうまくいかないことが多いです。材料の納期が遅れたり設備不良が起きたりしてプラン通りにいかないことは日常茶飯事。

このような時に、臨機応変に対処できるメンタルの強さなどが必要になるのです!

さらに、生産管理は、製品の情報や流通の状況などの知識が必要です。これらの情報は日々変わっていくので、自分の知識をアップグレードさせていかなくてはなりません。常に、生産に関するさまざまなことにアンテナをはっておける向学心がある人に向いているのです。

コミュニケーション能力が低く感情的な人は向いていない

生産管理は、工場の中枢部分で働く仕事です。人々をまとめていかなくてはなりませんから、当然、多くの人にかかわることになります。工程プランを伝えたり、進捗状況を教えてもらったりしなくてはなりません。ですので、人とかかわるのが苦手な人は不向きです。

さらに、工場の生産は計画通りスムーズにいくことばかりではありません。そのようなときに感情的になってしまうと、より計画が乱れていきます。冷静さが欠ける人は避けたほうが良い仕事なのです。

生産管理職に必要な知識とスキル、資格について

生産管理職に必要な知識とスキルは以下の通りです。

生産管理は資格は不要!

生産管理は、総合力が求められる仕事です。そのため、絶対に必要な資格やスキルは存在しません。

ただし、企業の経営に関わる知識を横断的に身につけることができる資格である中小企業診断士企業実務に即した専門的知識が身につく資格であるビジネス・キャリア検定試験があると役に立つことがあります。

生産管理職に必要な知識とスキルは5つ!

生産管理職に必要な知識とスキルは以下の5つがあります。

  • ものづくりの工程や技術の知識
  • 工場の設備レベルなどを考慮しプランを設計できる力
  • 臨機応変にトラブルに対応できる力
  • 新たな生産技術を受け入れられる柔軟性
  • 海外の生産拠点とやりとりをするための語学力

技術的な知識、物流に関しての経験などの知識やスキルが必要になります。加えて語学力もあると良いといえるでしょう。

いざ求人探し!効率的に探すには?

生産管理の求人はかなり少ないのが現状です。

工場によっては、生産ライン担当者の中から、優秀な人材を生産管理にまわすといった人材調達をしていることも。生産管理の仕事は、その工場の事業内容を深く理解している必要があるため、社内から人材を取った方がよいと考えている工場が多いのです。


元から求人数の少ない生産管理の求人を効率よく見つけるためには、工場・製造業・物流の求人に特化した転職サイトを使うのがおすすめ。一般向けの求人サイトには、なかなか回ってこない求人情報なども掲載されているからです。

おわりに 向学心のある方はぜひ生産管理職を目指そう!

生産管理は工場の中枢を司ることができる仕事です。キャリアアップや将来の安定性を期待できるのも魅力。

自分の中で、生産に関する知識を常にアップグレードしていく必要があったり、小さなミスが大きな損失につながることもあったりする大変さも存在します。

しかし、生産がプラン通りいって多くの人から感謝されるのは嬉しいもの。求人は少ない面もありますが、工場・製造業・物流の求人に特化したサイトなどを使って、就職や転職活動をしてみてください。

関連記事

ページトップ
© 期間工と工場職のおすすめ求人サイト・転職エージェント比較・ランキング│つくリク All Rights Reserved.